第4次焼きいもブーム

(この記事は、メールマガジンのバックナンバーです。 メールマガジンはこちらから登録ができます) —–

もう一か月前のことになりますが…… NHKの「あさイチ」という番組で焼き芋の特集がありました。 そこでは「今第四次焼きいもブームが来ています」ということが 語られていたそうです。

Facebookの友達のうち、二人が私に 「今テレビで焼き芋のことやってますよ!」 とメッセージをくださいました。 妻が参加しているFacebookグループにも 投稿があったようです。

実は、我が家にはテレビがないので、 私はこの番組は見られませんでした(^ ^;;;) しかし、この番組のことは知ってました。 第四次焼きいもブームが来ている、ということも知っていました。

なぜ知っていたかというと、 番組に出演した「いも子」さんから聞いていたということと、 先日私が参加した「焼きいも新時代シンポジウム」の 開催趣旨に「焼きいもブーム」のことに触れられていたからです。

ここで書きたいことは別にあります。

それはテレビというメディアの影響力です。

だってすごくないですか? テレビで焼きいもが紹介されているといって、 二人もメッセージをくださったのです。 しかも二人とも 「第四次焼きいもブーム」 という言葉をしっかりと 書かれていました。 それくらい、あっというまに 視聴者に浸透させてしまう力を持っているのですね。 私はそのことに驚きました。

では、私は私のことを知ってもらうために テレビに出してもらおうと働きかければよいか というと、そうではないと思います。

テレビ局の人、番組制作の人は 色々なところから「ネタになりそうなことはないか」と 探しています。 そこに売り込めば一回くらいは 出してもらえるかもしれません。 でもそこで取り上げられたことで、 自分の器を超えることが起きて、 疲弊してしまう可能性もあります。 なんで疲弊してしまうかというと、 準備ができていないからです。

一気に有名になると、自分の器を超えるような 出来事がやってくるらしい、というのは 色々な人を見ていて感じます。 私自身、いつかはテレビの取材が来たらいいな、 とは思ってますが、テレビに出たことで起きる 出来事に対処できるような、そんな 器を持っていたいと思います。